海辺の本棚『日本のすごい味 おいしさは進化する』

a0135581_19094613.jpg




表紙からやられてしまいました。
ああ、うなぎ!
なんて美味しそう!


トップを飾る神田の近江屋洋菓子店。
お店の様子!
なんて懐かしい!


中目黒の聖林館。
息子たちと訪ねた時のことを思い出しました。


食べ物は不思議です。
一緒に食べたメンバー、雰囲気、味わい。
全てがミックスされて記憶の回路からむっくりと起き上がってきます。
まるで生き物のように。


美味しいものは美味しい顔をしています。
写真を見るだけで伝わってきます。
そのものがプライドを持って生み出されているからでしょうか。

店主のこだわり。
それはある意味で生き残るための知恵。

頑なに守られてきたこと。
少しずつ変化してきたこと。
そして未来のこと。

ビジョンとは積み重ねられた堅実な実績から生まれるのだと痛感しました。


平松さんが愛する食べ物の全国行脚ルポ。
楽しかったでしょうね、この取材。


お食事前にご覧になるとお腹が鳴っちゃう本です!


a0135581_19095052.jpg




a0135581_19095459.jpg




a0135581_19095891.jpg




a0135581_19100251.jpg




a0135581_19100686.jpg





a0135581_19101372.jpg





a0135581_19101706.jpg




a0135581_19102294.jpg




人の手の作り出すもの、素晴らしいですね。

『日本のすごい味 おいしさは進化する』→








by uminokosyoten | 2018-05-02 07:00 | 本読み便り