「べガスの恋に勝つルール」

a0135581_721084.jpg


台風の風がうなる中、とにかくにぎやかな映画が観たくて選んだ1作。
物語の3分の2を過ぎ、「このセレクション、失敗だったかな?」と思ったころから面白くなった作品でした。

「マスク」で出会ってからずっと好きな女優キャメロン・ディアス。
自分に正直に生きている姿に好感を持ってきました。
「彼女を見ればわかること」の盲目の女性役はぞっとするほど素晴らしかった。
「メリーに首ったけ!」で築いたコメディ女王の地位。
それがかえって彼女の芸域を狭くする結果になったのではとも思います。
「イン・ハー・シューズ」や、あまり知られていない「姉のいた夏、いない夏」など内面的な葛藤を表現するのもとてもうまい女優さん。
これからまたよい作品に出会える事を願っています。

もちろん、この映画しっかりとした主張を持って幕を閉じます。
キャッチコピーで語られる「恋も、お金も、人生も。幸運は前向きな人の味方!」。
これって軽そうでいて、案外深い言葉。
ご覧になる場合は、必ず最後まで観てくださいね。
美しい海のラストシーン、素敵です。

「べガスの恋に勝つルール」(原題「WHAT HAPPENS IN VEGAS」)(音の出るサイトです)
Commented by IZUMI at 2012-06-20 13:22 x
私は「姉のいた夏、いない夏」がすごく好きです、、
Commented by uminokosyoten at 2012-06-20 13:48
IZUMIさん
私、あの映画が好きと言う方に初めて巡り会いました!
私も大好きなのです。
あのピュアな感じ。
よかったですよね!
嬉しいです!!!!!
Commented by IZUMI at 2012-06-21 00:38 x
あ!!そういえば、私も初めての出会いです!
ピュア、それでいて懐かしいような、、不思議な気持ちになる映画ですよね、、
始まる前の、キャメロン・ディアズが踊っている映像が忘れられません!あれで一気にキャメロンファンになりました(笑)
原作も私は大好きで、著者の方がスティーブ・ジョブズさんの若い頃の恋人であったことを彼のの自伝で知り、登場人物にその影がみられるのも面白かったです。
Commented by uminokosyoten at 2012-06-21 07:47
IZUMIさん
素敵な背景をもつ物語なのですね。
もう一度観てみたくなりました。
キャメロンはあんなナイーブな演技ができるのですから、もっと文芸的な作品のオファーがあってしかるべきなのにと思います。
これからに期待しましょうね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uminokosyoten | 2012-06-20 07:45 | 映画・ドラマ | Comments(4)