NEW POST

読書『おやすみ、リリー』

a0135581_09380528.jpg



様々な評判を目にして取り寄せた本。
多くの方々の「泣けた」という言葉に
思い切り泣いたら楽になるかしら、などと
他者依存のいつもの性格。

でも、泣けなかった、のです。
喪失感の昇華は一人一人違って当たり前ですもの。
よい思い出を分けていただいたという心持ちになりました。
リリーはほんとうに魅力的なダックスでした!

自分の思い出は自分のメソッドで大切に整理して。
そんなことを思った1冊です。

好きだったシーンは著者の想像の世界で
リリーが果敢に「タコ」(腫瘍の象徴的存在)と闘うところ。
リリーが凛々しくて輝いていました。


そう、犬も猫も、そしてハリネズミも。
人間のそばにいてくれる動物たちはすごく強くて
精一杯生きて。


だから弱い人間の私も
少しは彼らを見習わなければと。

がんばります。




『おやすみ、リリー』→












by uminokosyoten | 2017-04-22 09:59 | 本読み便り

本のこと、心に浮かんだことを綴ります。ご協力いただきました東北被災地への寄付は293645円になりました。心より感謝申し上げます。アクセサリーの「潮風売店」は次へ移転しました。http://brezzamarina.exblog.jp/ お問い合わせは books@good.memail.jpまで。


by uminokosyoten