NEW POST

寒くても春の兆し、そして『独りの珈琲』

a0135581_18313265.jpg



若宮大路、14日午後2時半。
曇り。


風が冷たい午後。
でも、ウインドウはすっかり春、さわやかなブルー。




a0135581_18320487.jpg


昨日は車が少なかった若宮大路。
一直線に八幡様へと向かう道です。





a0135581_18332794.jpg



鳥居横の博古堂。
仏師から鎌倉彫へ。
鎌倉の歴史とともに技を伝えてきた老舗です。
こちらの黒はとても美しいです。




a0135581_18335647.jpg



八幡様へご挨拶。



a0135581_18344921.jpg



欄干横のサクラは記念撮影スポットとして大人気でした。




a0135581_18345593.jpg



池の周りの芽吹きが一段と進みました。




a0135581_18350110.jpg


愛らしい花たち。




a0135581_18350913.jpg



着物姿の美しい女性が通ってくれると木もうれしいかしら!




a0135581_18351611.jpg



リスも忙しく動きまわります。
左の木の幹、下から3分の2位のところにふさふさの尻尾が。
おわかりになりますかしら?
観光客の方々の「まあ、かわいい!」の声を待っているかのように
目の前を行ったり来たり。



a0135581_18352215.jpg



日毎に八幡様も賑やかになってまいります。




a0135581_19053531.jpg


いつもの
花あしらいがやさしいウインドウ。
染付の器もいいですね。






a0135581_18360974.jpg


昨日は
桜葉入りの抹茶を使ってケーキを焼きました。




a0135581_18364111.jpg



熊本の高齢の従姉夫婦に送りました。
桜便りを一足早く。









a0135581_18330220.jpg



3月はなにかしら気ぜわしくて落ち着きませんね。
いろんな変化の月だからでしょうか。
そんな気持ちを鎮めてくれるのは人生の先輩たちの言葉。
昨日はカフェで増田れい子さんの『独りの珈琲』を開きました。
その中で心に残った次の文章を、よろしかったら。



<いい顔のおおもとは、「愛情」なのだろうと思う。
赤ん坊をのぞきこむ母親の顔、両親を見上げるこどもの顔、
恋人同士、いたわり合う夫と妻の顔。
心が自由に行き交うとき、あたため合おうとするとき、
人はいい顔の人間になるのであろう。
そういうときは、人はただ心だけの人間になっていて、
自分に顔やからだのあることも忘れているのではないか。
自分の顔を忘れたその瞬間、
心だけになったそのとき、
人はいい顔になるのではないか。
自分のいい顔を知っていてくれる人が一人でもいたら、
あなたはしあわせである。>(P.147)


『独りの珈琲』→










by uminokosyoten | 2017-03-15 07:00 | 本読み便り

本のこと、心に浮かんだことを綴ります。アクセサリーの「Brezza Marina」:http://brezzamarina.exblog.jp/ 香りのお店「Atmosfera」:http://atmosfera-kamakura.com/ お問い合わせ: books@good.memail.jp


by uminokosyoten