NEW POST

『よこまち余話』

a0135581_20385200.jpg


バッグに入れて持ち歩き、開いては読みふけりました。
登場人物たちと別れるのが辛くて
最後の数ページにはとても時間がかかりました。

余情。
この物語の魅力はそれに尽きると思います。

登場人物ひとりひとりが愛おしく思われました。
木内さんの語りのうまさにすっかり引きずり込まれて、
気がつけば、私もその路地に佇んでいました。

何をお話ししても愚鈍な「ネタバレ」になってしまいそうです。

ただ、鎮魂の日にこの本をご紹介すべきだと思いました。
哀しみは終着駅ではないと、そう思えたらと。
たとえ、ほんのひとときでも。



『よこまち余話』→









by uminokosyoten | 2017-03-11 07:02 | 本読み便り

本のこと、心に浮かんだことを綴ります。ご協力いただきました東北被災地への寄付は293645円になりました。心より感謝申し上げます。手仕事の潮風売店再開しました。アクセサリーの「Brezza Marina」は次へ移転しました。http://brezzamarina.exblog.jp/ お問い合わせは books@good.memail.jpまで。


by uminokosyoten